隣接した空き家・空き地の土地の境界線でお困りではないですか?

最近、長く放置された空き家・空き地が原因で土地の境界線のトラブルが増えています。

例えばご実家が遠方で、既に空き家や空き地になっており相続はしたが、将来住む予定もないので、売却を検討しているケースがあります。その際に、随分古くからの土地により隣接地や道路との境界線が曖昧になっていると売却がスムーズにいきません。

買主さんに安心して購入して貰う為に、境界線を明確にする事が一番ですがお隣さんにこちらの要求どおりに事が進むとは限りません。
この作業には測量が伴いますので、土地の所有者さんのみでは難しいですし大きなトラブルにもなります。

そこで、境界線の専門家である土地家屋調査士に、境界線の確定作業を相談されては如何でしょうか?

土地家屋調査士は様々な資料や現況から境界を判断し、お隣さんと立会いの上で境界標を埋設し、境界に関する書類を作成し、土地の面積や越境の有無まではっきりさせることができます。

また、空き家・空き地を購入したいが敷地がはっきりしていないケースも、土地家屋調査士がお客様のご相談に対応出来ます。

相談は、無料ですので【専門家一覧はこちら】から、ご相談下さい。

全国の専門家を地域から探す

北海道 北海道
東北 青森  岩手  秋田  宮城  山形  福島
関東 東京  神奈川  埼玉  千葉  茨城  群馬  栃木
北陸・甲信越 新潟  富山  石川  福井  山梨  長野
東海 静岡  愛知  三重  岐阜
近畿 大阪  滋賀  京都  奈良  和歌山  兵庫
中国 岡山  広島  鳥取  島根  山口
四国 香川  徳島  高知  愛媛
九州・沖縄 福岡  佐賀  熊本  大分  長崎  宮崎  鹿児島  沖縄

>>全国対応の空き家に強い専門家はこちら

日本地図

北海道 青森県 秋田県 岩手県 宮城県 山形県 福島県 新潟県 群馬県 栃木県 茨城県 埼玉県 東京都 神奈川県 千葉県 富山県 長野県 山梨県 静岡県 岐阜県 愛知県 滋賀県 石川県 福井県 三重県 京都府 兵庫県 兵庫県 奈良県 大阪府 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 徳島県 高知県 大分県 福岡県 宮崎県 佐賀県 長崎県熊本県 鹿児島県 沖縄県