【空き家】戸数過去最高を更新

総務省が29日に住宅・土地統計調査の速報集計を発表しました。
2013年10月時点で過去最高の13.5%になりました。これは、住宅全体に占める空き家の割合はおよそ7戸に1戸に当たりで、これまでで最も高くなりました。

空き家率が最も高かった都道府県は22.0%の山梨。東京などへの人口流出が影響しています。19.8%の長野、18.1%の和歌山、17%台の四国4県などが続きます。

空き家の増加の背景には、人口減少と高齢化のほか、空き家を撤去した場合、土地にかかる固定資産税の軽減措置がなくなってしまうため撤去に踏み切れないといった事情もあります。空き家の数は、今後、少子高齢化によりさらに増える事が予想されています。

空き家問題や有効活用方法でお困りの方は、【相談内容から専門家を探す】からお客様の相談内容にあった専門家からご相談下さい。


※総務省:平成25年住宅・土地統計調査(速報集計)結果の要約(PDF)
http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2013/pdf/yoyaku.pdf

全国の専門家を地域から探す

北海道 北海道
東北 青森  岩手  秋田  宮城  山形  福島
関東 東京  神奈川  埼玉  千葉  茨城  群馬  栃木
北陸・甲信越 新潟  富山  石川  福井  山梨  長野
東海 静岡  愛知  三重  岐阜
近畿 大阪  滋賀  京都  奈良  和歌山  兵庫
中国 岡山  広島  鳥取  島根  山口
四国 香川  徳島  高知  愛媛
九州・沖縄 福岡  佐賀  熊本  大分  長崎  宮崎  鹿児島  沖縄

>>全国対応の空き家に強い専門家はこちら

日本地図

北海道 青森県 秋田県 岩手県 宮城県 山形県 福島県 新潟県 群馬県 栃木県 茨城県 埼玉県 東京都 神奈川県 千葉県 富山県 長野県 山梨県 静岡県 岐阜県 愛知県 滋賀県 石川県 福井県 三重県 京都府 兵庫県 兵庫県 奈良県 大阪府 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 徳島県 高知県 大分県 福岡県 宮崎県 佐賀県 長崎県熊本県 鹿児島県 沖縄県