空き家対策で新税制の創設

~空き家対策で新税制の創設~

国土交通省は8月27日、税制改正要望を取りまとめた。空き家対策として、相続し た耐震基準を満たさない居住用家屋の耐震リフォームなどにかかった工事費用の一部を所得税から控除する特例措置の創設を要望した。

新しく創設を目指す空き家対策の優遇税制は、現行の耐震基準を満たさない居住用家屋を相続し、相続後一定期間内に耐震改修や除却(撤去)を行った場合に、国が定める標準工事費(上限250万円)の10%を所得税から控除するというもの。
費用負担を軽減することで、空き家の適正な管理を促すのが狙い。
国土交通省によると、空き家の改修や撤去には150万円~250万円の費用がかかるという。

このほか、耐震・バリアフリー・省エネ改修促進税制の延長・一部拡充や認定長期優良住宅の優遇税制の延長、買取再販住宅の登録免許税の引き下げの延長なども要望した。

全国の専門家を地域から探す

北海道 北海道
東北 青森  岩手  秋田  宮城  山形  福島
関東 東京  神奈川  埼玉  千葉  茨城  群馬  栃木
北陸・甲信越 新潟  富山  石川  福井  山梨  長野
東海 静岡  愛知  三重  岐阜
近畿 大阪  滋賀  京都  奈良  和歌山  兵庫
中国 岡山  広島  鳥取  島根  山口
四国 香川  徳島  高知  愛媛
九州・沖縄 福岡  佐賀  熊本  大分  長崎  宮崎  鹿児島  沖縄

>>全国対応の空き家に強い専門家はこちら

日本地図

北海道 青森県 秋田県 岩手県 宮城県 山形県 福島県 新潟県 群馬県 栃木県 茨城県 埼玉県 東京都 神奈川県 千葉県 富山県 長野県 山梨県 静岡県 岐阜県 愛知県 滋賀県 石川県 福井県 三重県 京都府 兵庫県 兵庫県 奈良県 大阪府 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 徳島県 高知県 大分県 福岡県 宮崎県 佐賀県 長崎県熊本県 鹿児島県 沖縄県