2017年最新情報【千葉県】で空き家対策に強い専門家をご紹介

千葉県で空き家問題にお悩みの方は必見!空き家対策に強い専門家をご紹介

akiya_topics9_1

オーナーの方は空き家の有効活用していますか?!千葉県の中でも今回は、千葉市にスポットを当てて調べてみました。 国の統計調査で千葉市には空き家が約52,700戸あるとされています。誰も住んでいない家は、維持管理が不足がちなことから倒壊など危険なことも多く、防犯面や景観上の問題も含んでいます。このように使用されていない家が多くあるのなら、活用することで様々な問題も予防できると千葉市は考えています。

そもそも何でそんなに空き家が多いのかというと、下記4つの理由が主になります。

  • •「不動産会社に依頼をして売買や賃貸に出しているが、買い手や借り手がまったく 見つからない」
  • •「施設や病院に入所・入院している」
  • •「相続した実家があるが、別に住んでいる家がある」
  • •「何年も空き家のままだけど壊すのにも費用がかかる」
など理由は様々です。


有効活用って千葉県は何をしようとしているの?

千葉市は、空き家をお持ちの方が、空き家のままにしておくより、活用しやくする仕組みを作ろうとしています。 空き家をそのまま放っておくより、借りたい方たちや地域に開放して、使ってもらうことで家や地域コミュニティが再生し、まちが活気づくことを期待しています。 千葉市は、他の市内に比べて積極的に空き家問題に関して考えてるように見受けられます。

出典:総務省住宅土地統計調査集計(昭和63年~平成25年)

出典:総務省住宅土地統計調査集計(昭和63年~平成25年)

※平成25年で住宅総数457,200戸に対し、空き家総数は52,700戸、空き家率は11.5%
空き家の総数は平成20年に比べると減っていますが、下の内訳を見ると…

出典:千葉県千葉市公式サイト「空き家の有効活用」:都市局建築部住宅政策課



千葉市における空き家の内訳

出典:総務省住宅土地統計調査集計(昭和63年~平成25年)

出典:総務省住宅土地統計調査集計(平成25年)

※二次的住宅とは別荘やセカンドハウスを指す。
※平成25年の空き家の内訳で「賃貸用」、「売却用」を合わせると69%の空き家が市場に出ている。市場に出ていない「その他の住宅」は30%。
平成20年と平成25年の空き家を比較すると総数は減っているが、内訳の「その他の住宅」は3,000戸以上増加しているのが上の円グラフからわかります。

出典:千葉県千葉市公式サイト「空き家の有効活用」:都市局建築部住宅政策課


akiya_topics9_2

空き家の有効活用の仕方(千葉県千葉市の事例)

1.中古住宅として売却する
2.賃貸として貸し出す
3.更地にして土地として貸し出す
4.更地にして、駐車場で貸し出す
5.地域のコミュニティ施設の場として提供する
6.シェアハウスとして有効活用する


空き家の有効活用のまとめ

これまで、千葉市の空き家状況や活用方法などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
空き家になる理由は本当にさまざまで、国としても大きな問題になっている状況です。
みなさんの地域にも、誰も住んでない家とかありませんか?
年々、増加傾向にあり空き家問題。いろいろな活用方法が今後も出てくると思いますのでまたご紹介出来ればと考えております。
このサイトでは、空き家問題に力を入れている会社さんを多くご紹介しておりますので少しでもお悩みの方は、下記千葉県で空き家問題に強い専門家に相談してみてください。
相談は無料ですので、空き家問題の解決になる会社をお探しください。

千葉県の一覧ページ

全国の専門家を地域から探す

北海道 北海道
東北 青森  岩手  秋田  宮城  山形  福島
関東 東京  神奈川  埼玉  千葉  茨城  群馬  栃木
北陸・甲信越 新潟  富山  石川  福井  山梨  長野
東海 静岡  愛知  三重  岐阜
近畿 大阪  滋賀  京都  奈良  和歌山  兵庫
中国 岡山  広島  鳥取  島根  山口
四国 香川  徳島  高知  愛媛
九州・沖縄 福岡  佐賀  熊本  大分  長崎  宮崎  鹿児島  沖縄

>>全国対応の空き家に強い専門家はこちら

日本地図

北海道 青森県 秋田県 岩手県 宮城県 山形県 福島県 新潟県 群馬県 栃木県 茨城県 埼玉県 東京都 神奈川県 千葉県 富山県 長野県 山梨県 静岡県 岐阜県 愛知県 滋賀県 石川県 福井県 三重県 京都府 兵庫県 兵庫県 奈良県 大阪府 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 徳島県 高知県 大分県 福岡県 宮崎県 佐賀県 長崎県熊本県 鹿児島県 沖縄県